【ヌーハラ論争】海外では不快と感じる 余計なお世話やねん!

Pocket

どもっ飯朔です。

巷には○○ハラスメントと言う言葉がたくさん存在しますよね。

そんな中最近になってまた新しいハラスメントがマスコミに取り上げられ論議を呼んでいます。それは「ヌードルハラスメント」。

今回はこの新しいハラスメントについて調べてみました。

スポンサードリンク

外国人が嫌う「ヌードルハラスメント」

f:id:mongorianus:20171111124858j:plain

私達日本人は麺類、ラーメン、うどん、そばなどを食べる時に「すする」習慣があります。

その時に「ズルズル」なり「ズズズ」なりの音が出ますよね。

その音が日本を訪れる外国人に「音が不快」だとか「食べ方が汚い」と言った印象を与えることが「ヌードルハラスメント」だとされています。

 

元々は2016年10月にTwitter利用者「戦争廃止の国民連合政府応援隊」の「今まで製麺業界の圧力で隠匿されてきたヌーハラを暴きます」と自身のツイッターで発言した「造語」(現在は削除)です。

これをマスコミが取り上げたため一躍話題となり論議を呼んでいると言うのが現状と言ったところですね。

外国人は熱い麺類を食べる習慣がないので「すする」と言う行為ができない為日本人が音を立てて食べることに対して違和感を持つのは仕方ない事かもしれません

 

特に欧米では食事マナーがうるさいので特にそう感じるのかもしれません。

こう言う感想もテレビで放送されていました。

f:id:mongorianus:20171111124904p:plain

まあこれは極端な感想かもしれませんが。

次のアンケートはやや少数が対象ですがこんな結果です

f:id:mongorianus:20171111124909p:plain

すすれる外国人が多いですが、この人たちが食べる時にすすっているかは別問題ですし、とりあえず麺類を食べる場所で外国人がいたら多少気を遣うのがいいのかも知れませんね。

それよりも、個人的には「箸をちゃんと持てない」日本人が増えて来ている事の方も問題だと思いますが。

www.tyuunennkiktou.com

「音彦」というフォークですする音が変わる

f:id:mongorianus:20171111124924p:plain

この「ヌードルハラスメント」を解消すべくある企業が画期的な?製品を世に送り出してきました。

それが日清食品が開発した「音彦」と言う「フォーク」。

TOTOが製造販売するトイレ用擬音装置音姫」にヒントを得て開発された商品です。

 

具体的には、フォークに搭載された高性能集音マイクが麺をすする音を感知した瞬間」、近距離無線通信を通じてその信号をスマートフォンにインストールされた専用アプリに送信。

スマートフォンからすすり音をカモフラージュする音源が流れ出す仕組みとなっています。

この製品は数量限定の完全受注生産販売商品だそうで、今年10月23日から12月25日までの申し込み期間中に、予定申込数が5,000個集まった場合のみ販売するとのこと。

日清食品グループオンラインストアで販売されており、1セットの値段は
14,800円。

興味がある方は是非ご購入を。

 

この商品は常に携帯しておかなくてはいけないと言う事ですよね。

賛否両論あるでしょうが、あくまでも個人の考え方としてはここまでする必要があるのかな、と言う気持ちがあります。

一つの話の「ネタ」としては面白いでしょうけど。。

 

私の周りでは予約したと言う人は誰もいないし、この商品があること自体あまり知られていないのではないでしょうか。

この先どこかで見かけることもあるかもしれませんね。

感想を聞いてみたいです

www.tyuunennkiktou.com

余計なお世話。日本人はすするんだ

f:id:mongorianus:20171111124916p:plain

食文化はその国、地域ごとに違います。

ある国では常識であっても、別の国へ行くと違う捉えかたがあり、よく海外旅行に行かれる方は戸惑う事もあるはずです。

例えば、インドでは左手は不浄のものとされ、右手でカレーなどを食べますが(今はだいぶ変わっているようです)、あれなどは私達日本人からすると、とてもまねができない習慣なわけです。

 

そういった意味でも、今話題になっている「ヌードルハラスメント」も同じ考え方でいいのではないでしょうか。

その国の文化、習慣を尊重し「郷に入っては郷に従え」の精神はどの国の人も持っているはずです。

ただ「麺を音を立てて食べる」ことが日本人の文化だと言う方もいるようですが、それはどうかなと思います。

 

特に最近テレビのグルメ番組なんかを観ていると、ことさら音をたててすすっているのでは、と感じるシーンをよく見かけます。

おそらくテレビの演出もあるのでしょうが、あまりいい気持ちはしません。

あれを見た外国人はすべての日本人が同じ食べ方をしていると勘違いしているのでは、と思ったりもします。

日本人でもすすらない人はすすりませんしね。

www.tyuunennkiktou.com

さいご

デヴィ夫人などは「すする人は野蛮人」とまでも言っていますし。

大事なことはTPOをわきまえればいいのではないでしょうか。

 

2020年の東京オリンピックに向け、これを一つの切っ掛けにしてもう一度「日本人のあり方」を考えるのもいいかもしれませんよ。

ただし、食べて美味しく感じるのは「すすった時」なんですよね。

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。