イノシシ肉の栄養素(栄養価)が凄い理由 他寄生虫症の症状について

Pocket

どもっ飯朔です。

肌寒くなってきましたね。

寒くなってくると「鍋」が美味しい季節になります。

 

具材の好みは色々ありますが、中でも昔から「牡丹鍋」として知られている「イノシシ肉」がおすすめです。

野生動物なので敬遠する方も多いでしょうが、ちゃんと処理すれば美味しくいただけます。そこでイノシシ肉について調べました。

スポンサードリンク

 

 

イノシシ肉の歴史

イノシシ肉は旧石器時代から現代まで狩猟の対象となっています。

縄文時代早期の遺跡からも出土されているところを見ると、その時代から食用として食べられ、シカと伴に縄文時代を通して狩猟対象となっていました

f:id:mongorianus:20171030131943p:plain

近年は「牡丹鍋」の材料として人気がありますが、素人では解体が無理なので専門業者に頼む必要があり、そうした手間暇の為になかなか流通が広がらないと言う難点もあります。

兵庫県丹波篠山では古くから名物として食べられていたため、1970年代には年間数千頭が狩猟され全国に出荷されていましたが、乱獲により2000年頃には生息数が200~300頭に減ったとの事。

 

近頃は「害獣」として取り上げられることが多く、田舎の方の農家では被害を防ぐために電気柵を設置するところが増えています。

ところが敵もさるもので、1m位なら平気で飛び越えるそうです。

ワナで捕獲すると自治体が買い取ってくれますが、そう簡単には掛かってくれず農家の方も困っています。

 

本来イノシシは土を掘り起こしてミミズや自然の穀類などを食べますが、一度人間が作ったイモ類などの作物を食べると、その美味しさが忘れられず畑を荒らすようになります

昔は畑との境に雑木林があり「里山」を形成していましたが山林の荒廃や農地の遺棄などでその境目が無くなりイノシシの生息域が広がってきたのも1つの原因とされています。

 

www.tyuunennkiktou.com

 

寄生虫などの食中毒の心配はないのか

イノシシなどの野生獣の肉は寄生虫の危険性は大いにあります。

その為専門の業者を通して購入するのが一番安心です。

 

f:id:mongorianus:20171030135010p:plain

 

最近はインターネットでの購入も可能ですが、通販大手が扱う商品なら安心ではないでしょうか。

寄生虫感染の危険性があるのは、次のようになります。

 

ウェステルマン肺吸虫

名前の通り肺に吸虫類が寄生する病気で、肺吸虫の幼虫が寄生した生のイノシシ肉を食べて感染した例があります。

症状は咳と血痰です。

 

有鈎条虫症

有鈎条虫症(ゆうこうじょうちゅうしょう)

 

体長2~3mmの有鈎条虫が小腸に寄生します。
豚肉の生食で起こりますが、イノシシ肉でも同様。
症状は腹痛、下痢、体重減少

 

旋毛虫症

旋毛虫症(せんもうちゅうしょう)

 

十分に加熱していない動物の肉を食べることで感染します。

国内ではクマ肉が感染源ですが、海外ではイノシシ、ブタなど狩りで獲った動物の肉からの感染が知られています。

自覚症状がないものから重症化するものまであります。

感染した肉を食べてから1週間くらいした後、下痢、腹痛が2日~1週間続きます。

 

www.tyuunennkiktou.com

 

どの感染症も生食かそれに近い食べ方で感染するわけですから、しっかり火を通せば問題はありません。

平成26年11月14日に国において、野生鳥獣肉(ジビエ)の安全性を確保するため、関係者が共通して順守する

 

「野生鳥獣の衛生管理に関する指針(ガイドライン)」が策定。

現在販売されているイノシシ肉はこのガイドラインに沿って処理されているため安全だと言えます。

 

イノシシ肉の栄養がスゴイ!!

f:id:mongorianus:20171030134923p:plain

五訂日本食品標準成分表より

イノシシ肉の100gの栄養価です。

 

生肉ですから加熱する栄養素によっては減少することもあるので1つの目安としましょう。

この他にも100gあたりのカロリーを他の肉と比べると

イノシシ肉100g 268kcal
豚肉        291kcal
牛肉        411kcal

 

夏バテにいいとされるビタミンB2は豚肉の2倍以上入っていて、健康にもダイエットにも最適な肉と言えます。

肉色は赤く、子イノシシはピンク、肉質はやはり豚肉に近いですね。

雌よりも雄の方が美味しいとされています。

 

一般的にこうした獣肉はメスの方が美味しいとされますがイノシシは例外のようです。

ところが問題があります。

それは「個体差が大きい」と言う事。

 

牛や豚は一定の飼育環境下と考えられた飼料を定期的に与えることで、肉質を平均化しています。

つまり、どこで食べてもほぼ同じと言う事

最近はブランド化した肉も多いですがそういったものは若干違いはあるでしょう。

 

一方イノシシ肉はと言うと、彼らがどこで生息し何を食べているかで肉質や味は大きく変わってきますし、獲る季節でも違います。

一般的に夏季のイノシシは栄養状態は最低で、秋になって果物や穀類などを食べることで改善され、冬を迎えるにあたっては脂肪の蓄積量が増え食べごろになると言われています。

 

実際に販売されているイノシシ肉も冬季は高く夏季は安いそうです。

 

www.tyuunennkiktou.com

  

さいご

以上のようにイノシシ肉は低脂肪、低カロリー、高タンパクの肉で体にいい肉であることは間違いありません。

特に煮込むほど美味しくなるそうですので「鍋」には最適。
これから寒くなりますので、おすすめですよ~。

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。