MEC食ダイエットの効果はいつ頃から?運動なしで気軽に始められる!

Pocket

どもっ飯朔です。

 最近、次世代糖質制限と話題になっているMEC食ダイエット。

 動物性たんぱく質をメインに摂取するダイエット方法が注目されているとのことですが、本当に痩せられるの!?と疑ってしまいますよね。

 今回は、MEC食ダイエットの効果・危険性・ダイエット方法について特集していきたいと思います。

スポンサードリンク

 

 

MEC食ダイエットとは

f:id:mongorianus:20170516145740j:plain

MEC食ダイエットのMECとは「M(Meet)=・E(Egg)=・C(Cheese)=チーズ」の3種類の頭文字からとってメックと読む。

MEC食の定義では、良質なたんぱく質バランス良く含むアミノ酸・ビタミン・ミネラルを摂れる肉必須アミノ酸バランス良く含まれるなど高い栄養価を秘めている卵、タンパク質・脂質・ビタミンA・カルシウムが含むチーズ。これら栄養素を集中して摂ることで体質の改善を計りダイエットをするということです。

MEC食ダイエットの考案者・こくらクリニック 渡辺信幸院長(MEC食推進委員会)によると、もともとは予防医療として考えられたもので、人間の身体に必要最低限の栄養素を摂る食事療法だったのです。

上記を中心とした食生活を行うと糖尿病患者や弱ったお年寄りが健康に、肥満傾向の人は体重が減っていったことから、ダイエット・美容にも効果があると実証されました。

 

 

MEC食ダイエットのやり方・ポイント

MEC食ダイエットは、肉・卵・チーズをメインに摂取するだけではありません、他に細かいルールがあります。

シンプルで簡単そうと思えますが、ルールを守らないと太る危険性もありますので注意してください。

 せっかく痩せたのに、またリバウンドしてしまった・・・そんな経験をした方も多いと思います。私も何回経験したか。

 

 

一日の摂取量

f:id:mongorianus:20170516145959j:plain

一日の摂取目標量は、肉が200g・卵が3個・チーズが120g。

 なぜこの3種類が選ばれるのかというと、タンパク質と脂質が摂れるからなのです。

ダイエットにおいて、タンパク質を摂らないと脂肪と同時に筋肉も落ちます。

結果体重は落ちますが、筋肉量・基礎代謝量が減り、かえってエネルギーを溜め込みやすい「太りやすい体質」になってしまいます・・・。

 体重を減らすのがダイエットではなく、栄養をちゃんと摂り体脂肪をだけ痩せるのが本当のダイエット。

リバウンドを避けたい場合、タンパク質を摂る必要があるのです。

 

タンパク質なら魚や大豆で摂れるんじゃないの?

たしかにヘルシーですが、魚や納豆を摂取してもバランス良く摂れません。

肉にはたんぱく質の他に、鉄分・脂肪・ビタミンなど様々な栄養素を体内に取り込むことができます。

 つまり、この3種類が選ばれる理由はタンパク質・脂質、その他に必須アミノ酸・ミネラル・ビタミンをバランス良く摂れるからなのです。

 ただしビタミンCだけはどうしても摂ることができないので、補える食材を選びましょう。赤ピーマンやなすがいいです。

 

 

一口30回噛む

f:id:mongorianus:20170516150305j:plain

カムカム30回。つまり1口につき30回噛むことを徹底してください。

 肉・卵・チーズを中心に咀嚼をすることで、満腹中枢を刺激・食事時間を長くすることで早食いを防ぐことができる。

しかし「何でも30回食べればいい」と言うわけでなく、大きな一口に関しては30回噛んだりするのは難しく、大きい場合は50回・100回と回数を増やさないといけません。

 

糖質を含む食材は控える

f:id:mongorianus:20170516150606j:plain

太る原因は、糖質を摂ることで血糖値が上昇し、インスリンというホルモンが分泌されて体内に脂肪が蓄積されてしまうからです。

要は糖質を摂り過ぎでは太ってしまうことだ。

 糖質を多く含む食材といえば、白米・パン・かぼちゃ・れんこんなどたくさんあるので、気をつけなければいけません。

 渡邊先生によるとカロリーは摂り過ぎても大丈夫とコメントしてました。


しかし、人それぞれ体重が増える原因や体質が違うのは一目瞭然。同じダイエットを行っても合う合わない人が出てくるのはしかたないことです。

 そう考えると糖質が低い野菜(ブロッコリー・ほうれん草・もやしなど)少量のご飯・パンなら、結果が出やすいでしょう。

 食べる順番は、肉・卵・チーズ・ビタミンC食材糖質が低い野菜炭水化物(足りない場合)。ご飯・パンなどの炭水化物がは一番最後に食べるようにしましょう。



いつ頃から効果がでてくるの?

MEG食ダイエット経験者から口コミを集めてみたところ、2週間で1kg・10日3kg減ったなど、人それぞれです

 

 

糖質制限とMEC食の違い 

f:id:mongorianus:20170516152000j:plain

糖質制限は糖質を減らすということが重要視される。一方MEG食は、タンパク質と脂質を集中して摂ります。

糖質制限は引き算して糖質を抑えていくに対し、MEG食は足し算をするようにたんぱく質を増やしていくという。この2つの点が違いでしょう。

また調理もMEG食の方が楽。糖質制限の場合、必ず糖質ゼロの代用品が必要となり調理や買い物に時間がかかります。

 対し、MEG食は肉・卵・チーズを用意するだけなので、シンプルに焼く・茹でる・そのまま食べる(チーズや卵)など手間暇かけることはない。

 

 

まとめ

ポイントは、肉-200g・卵-3個・チーズ-120g。
これらをしっかり食べること。そして一口30回噛む事です。

 

ダイエット効果だけでなく、美肌にも効果的なので体調面の変化も感じることでしょう。

不安に感じる方は、独断で行わず医者などに相談した方がいいでしょう。まずは一週間だけやってみるのはいかがでしょうか?

新しい情報が入り次第、更新していきます。

 

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。